睡眠不足が原因のEDにも効果的な評判の治療薬

EDとは、40歳以上の男性の約3人に1人が悩んでいる勃起不全の事です。
睡眠不足やストレス、喫煙や飲酒など様々な原因で発症するもので、糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病の場合は、さらに発症するリスクは高くなります。
具体的には、勃起の発現或いは、それをキープできないために満足のいくセックスが行えない状態、又はセックス時にはっきりとした勃起が得られないため満足感が得られない状態、通常のセックスのチャンスの75パーセント以上でプレイを行う事が出来ない状態などです。
これらは、いずれもクオリティー・オブ・ライフを著しく低下させる問題であり、以降の男女関係にも影を落とす事になるので、人によっては相当深刻に悩んでしまうケースも少なくはありません。
このために、1,990年代の後半に突如として登場したED治療薬のバイアグラは、世界中でセンセーションを引き起こすほどの評判を集めています。
バイアグラは、勃起を阻害している酵素の活性を抑制するという作用により、陰茎部周辺の血流量を増加させて、性的な刺激をきっかけに勃起が出来る状態を数時間持続させるという内容の治療薬です。
この効果は、原因を問わず発揮されるので、ストレスや睡眠不足、喫煙や飲酒などの様々なEDを改善する事が出来ます。
ただし、元々は狭心症の治療薬として研究されたもので、EDを改善するという作用は偶然に発見されたものです。
このために、血圧を下げるという本来の作用が伴うので、著しい高血圧や低血圧の人、又心臓に異常がある人などは使用する事を禁止されています。
さらに、食事や飲酒の影響を受けるので、空腹時の服用を推奨されています。これらの決まりを守って使用する事が、クオリティー・オブ・ライフを高める事につながります。